「傷だらけの新車」は家族の相棒

2年ほど前、結婚を期にマツダのデミオを購入しました。自分にとって初めてのマイカーでした。

私も妻も車の運転に慣れていなかったため、コンパクトカーにしようと思いましたが、いかにもコンパクトカー然とした車には乗りたくないなと考えていたため、デザイン重視でデミオを選ぶことにしました。

これまで人生で足を運んだことなど一度もない近所のマツダのカーディーラーに自転車をこぎこぎ向かいました。出迎えてくれたのは40代半ばのベテランの営業さん。ざっくばらんに話をしながらオプションや自動車保険をプランを決め、すぐに契約しました。

それから1ヶ月後、車がやってきました。ピカピカの新車を見たときのドキドキ感は、これまで味わったことがないものでした。
2年が経ち、運転が下手くそな夫婦の車は、すっかり傷だらけ。1年目には、妻がガレージで後部ドアをぶつけ、部品交換、その半年後には、私がミラーを駐車場でこすり必死でペイントをぬりぬりしながら使っています。

その間に子どもが生まれ、犬を2頭家族に迎え、最初は妻と私だけだったデミオの座席は今では満席になってしまいました。すっかり傷だらけになりかつて新車だったデミオは、静かに家族を包んでくれます。家族用のワンボックスも捨てがたいですが、狭いコンパクトカーにわいわい乗り込むのも良いものです。
これからもこの相棒と一緒に家族皆で大きくなりたいと思います。

免許を取得して初めて買った車はトヨタ「クレスタ」GX71系

私が免許を取得して初めて購入した車はトヨタのクレスタ(GX71系)です。若い頃というは、速くてかっこいいスポーツカーに乗りたがる人が多いと思いますが、私は元々高級車趣向で背の低いスポーツタイプの車には興味が無いので、4ドアのセダンタイプにしました。それを新車で買うことが出来れば良かったのですが、経済的にあまり余裕が無かったので中古車を選びました。それでも120万円しました。
当時は、今のようにインターネットもあまり普及しておらず、簡単にネットで情報を調べること自体が難しかったため、購入する時の心構えやチェックポイント、値引きをするための交渉術や注意点などもよくわからないまま購入しました。もちろん、車の購入経験も無いため知識も乏しく、この車で大丈夫かと納車まで不安でした。特に中古車は、新車と異なりどれも一点物ですので、同じ車種・グレードでも前オーナーの使い方やメンテナンスの良し悪しによって車の状態は全く異なります。
当時私は今ほど車の知識が豊富ではなかったため、販売店としてより安全だと思われる車のディーラー系中古車店で購入しました。その甲斐あって、購入後に大きな故障やトラブルなどもなく、安心して乗り続けることが出来ました。
車は安い買い物ではないので、やはり信頼できるお店で購入するのが一番ですね!

約4年前に軽自動車を購入し現在も乗っています。

今から約4年前の2013年4月にホンダの人気車種のN BOXを購入しました。
カーディーラーにて試乗すると楽天ポイントを1000ポイントプレゼントというキャンペーンをしていたので、購入する意欲はあまりありませんでしたがポイント目当てで試乗に行ったのがきっかけです。
当初から街で走っているところを見て、軽自動車にしては迫力あるなと思っていたので、気にはなっていましたが、まさか購入することになるとは思ってもいなかったです。
試乗してみて、エンジン音が静かでしたし乗り心地も抜群によかったので、とても欲しくなり担当の営業の方に交渉してみようと思いました。
当時その車を購入する前に8年ほど乗っていたモコがありましたので、これを高く引き取ってもらいたいことをお願いし下取りと値引きで20万円強になり、妻と相談して購入することになりました。
人気車種であったため、通常ならば半年ほど待たなければならないところ、希望の色とグレードの在庫があったため2週間前後で納車が出来ました。
納車後はとてもうれしくカー用品店などにいって、ETC車載器やカーアクセサリーなどを買ったものです。
この車を現在も乗っていますが、小さなキズがいろんなところについてしまい残念です。
現金で購入したのでローンはありませんが、結婚した以降の買い物で一番高価なものです。
当初の気持ちに戻って大事に乗りたいと思うようになりました。